超巨大な一尾

高知西南部在住の中島さんから「思い出の一匹」に投稿いただきました。

口元のルアーが稚魚のように見える! 以下原文のまま掲載させていただきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9月の3連休の中日、9月15日にK2F 142にて、アカメの1m48㎝、推定40㎏超え
の超巨大な1尾を釣り上げました。
アカメを狙って25年目で、もうこれ以上のサイズは、この先無いと思います。

アカメとの出会いは確か小学5年のとき、近所の小さな川の河口の消波ブロック
帯に着いていた魚が、アカメだと釣り好きの友達から教えてもらった。
ブロックの際に潜むその陰に、光が差し込むと赤く反射する目が、ゾクッとする
ほど格好良かった。
投げ釣りでキスや浮き釣りで小物を釣っていた当時、50㎝弱の魚はとても大きく、
ど田舎の小学年の情報や知識、技量ではどうする事も出来なかった。
そのうち噂を聞きつけた大人がきて、2匹とも釣っていかれてしまった。
最初の出会いはもう40年前のことになる、ほろ苦い思い出だ。

そして運命の日、9月15日。
期待していた3連休は週中から続く雨に状況は悪く、連休初日の昼間に下見まで
したのだが、夜は雨の気配もあり断念。
翌日9/15の晴れの予報を信じることに。
今思えば全てが偶然では無く、必然と動いていたのかもしれない。
9/15、天気は晴れ、水温が上がることを期待して、前日に下見して気になった
ポイントに早めに入り、一人でゆっくりと準備してスタート。

ベイトになるボラはそんなに多いわけでもなく、何時もと変わらない雰囲気に、
「今日もダメなのかな。」と思いが過る。
開始から2時間、満潮からの下げ潮も利きだして、夜空には丸に近い月が川面を
照らす。
前日から気になっていたポイントに、クリアカラーのルアーを通すも・・・
アカメ狙いのルアーは強度のことなどを踏まえて、ほとんどがK-TEN系。
そこまで拘らなくてもと釣友達は言うが、何かあった時に後悔するのは自分なの
だ。
目先を変えて目立つカラー選択、K2F142デイライトムーンをリングに通した
数投目、ロッドに衝撃が走る。

一人だけでの攻防の幕が上がる、ヒットの時刻は9時。
ステラのドラグ音と水面を割ってのエラ洗いが、静かな川面に響き渡り、今までに
体験したことのない圧倒されるほどの引きに、緊張し身体全部が脈を打っているか
のような感覚にまで襲われる。
走られては巻き取る事を何回繰り返しただろう、最初の30分くらいは余裕は
なかった。

30分を過ぎたあたりだろうか、だんだんと走りの勢いと距離が小さくなってくる
と、私は意外なくらい冷静さを取り戻していた、それでも簡単に寄ってくる気配
はない。
焦らずゆっくりと、アカメの動きに合わせてやり取りすること更に30分。
ついに!
最後は後退りしながら浅瀬に寄せた魚体が横になったところを、グリップで下顎
を掴みズリ上げる。
デカい!横たわった魚体は想像を遙かに超えていた。

120㎝のスケールを当てると尾びれの大分手前で足りない?上げるまでは冷静だっ
たはずなのに、スケールを持つ手が震えている。
継ぎ足して測った全長は1m48㎝。
重量も40kgは超えているだろう、いや50kg近いのかも知れない。

こんなアカメを上げて良かったんだろうかと、恐怖すら感じるサイズだった!
顔の周りにはフック傷があちこちについていて、フッキングポイントが何か所か
動いたのが見てとれた。
それにしても、良く耐えてくれた「K2F142」、フックはがまのRB・MH#1に
換装していたが、意外にも伸びていたのは1本だけだった。
広がりかけて、今にも外れそうなフックをアカメの顔から外してやる。

それにしても何年生きた魚体なのだろう、大きくなると赤い目は薄くなり黄色っ
ぽくなり、体つきも成魚の風格が出てくる。
メーターまでを10年としてもそれからの成長度合いを考えると30年?いや40年?
想像の域を出ないが、小学5年で見たアカメが今生きていたらこのサイズになって
いるのかもしれない。
因縁めいた話になってしまったが、あの時に釣れなかった悔しさがアカメ釣り
に走らせたのは、間違いない事実。

小学5年の時に見たアカメが、時を超えて姿をみせてくれたような気がした。
時間がかかったが無事に蘇生も出来て、月明かりの中、深みにゆっくりと消えて
いった、「ありがとう。」

今回はK2F142の強靭さに助けらた記念の1尾になりました。
オーバースペックと言われながらも、世に出してくれた二宮さんのお陰です。
そして、あの言葉「思い出と共に」が現実のものになった1本です。
まだアカメや青物釣りに耐えれそうな外観を保っていますが、ここは1m48cmの
アカメに敬意を表して、つけていたフックもそのままで「思い出と共に」
メモリアルルアーとして保管することにしました。
ありがとうございました。

【ヒットルアー】:K2F 142・BR1デイライトムーン
高知西南部在住・中島 信博

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

中島さん、投稿ありがとうございました。

この先はもう無い、と思えるほどの魚に出会えるのは幸せですね。これまでの経緯をお聞きすると非常に感慨深いです。

 

「超巨大な一尾」への2件の返信

  1. 釣行記を拝読すると中島さんのお気持ちが伝わり、なんだか目頭もほんのり熱くなって(中年で敏感になっちゃったかな笑)、祝福せずにはいられなくなりました。
    中島さん、おめでとうございます!とても感動しました。
    二宮さん、短く添えられた末文に万感の思いをお察しして勝手にあつくなりました。

    • 私の文章にコメントが!びっくりしてます。
      「感動した。」と言われると照れますね、頑張って書いた甲斐がありました。
      島根のY様、この場を借りましてお礼を申し上げます。
      ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です