手作り穴開け道具

 ウッドK-TENが廃番になって五年近くが経ちました。そのまた一年ぐらい前までは数あるシリーズ全部の穴開けという行程だけは、直接私が作業していました。
 四十行程以上ある作業のうち、重心移動システムの要である穴開けだけをするために、成形したルアーを自宅まで送って貰っていました。
 組み上げると外からは見えないため、人任せに出来ない箇所だったからです。
 
 今のABS製ミノーには、当然のごとく組み込まれているシステムでも、相変わらずウッド製量産品では見かけません。とても採算が取れないからでしょう。
 たまにハンドメイドを楽しむ方がトライしていますが、多くは木を二枚貼り合わせる方式のせいか量産には苦労しているようです。
 私も個人的に作っていたときは、二枚の板それぞれに球が移動する部分を、あらかじめ掘っておき、貼り合わせる方法でした。
 しかし、この方式は左右のズレが生じやすく、満足のいく精度で量産するには相当の機械設備を用意する必要があります。そこで、考えた結果、成形したルアーの頭部と胴体をいったん二分して、胴体に縦方向の長い穴を開けることにしました。
 これなら設備にお金を掛けなくても、工夫と技術とアイジョウがあれば可能な作業です。
 
 しかし、始めた当時、ミノーは元々細いうえ、尾に行くに従って更に細くなるのですから、そこにドリルの長さいっぱいまで縦穴を開けることは非常に難しく、笑えない数の不良品が出ました。
 せっかく成形したウッドを壊しての失敗ですから二重のロスになります。ウッド本体が設計より僅かでも細いと、最大で50パーセントの廃棄率が出たときもありました。
 
 写真の装置は、これらの失敗をクリアーするために、ありとあらゆる工夫をして出来上がったものです。
 機械精度そのものは最初に使っていたもののほうが高く大柄で、カッチリ固定ができ、ドリルもブレず、完璧に近いものでした。ただし、削る相手が細くはなく、木目の無い均質な材料に、短い穴を開けるだけならば、です。
 実際は、細くて均質でもなく、手作業で成形したウッドのサイズ自体が厳密にはバラバラなうえ、木目があるので深い穴の途中でドリルがたわみ、逃げてしまうのです。一瞬で横からドリルが飛び出しオジャンです。…
 これを解決するために、全角度方向に可動可能で完全固定ができる受けジグであることはもちろん、必要に応じて1ミリ程度任意に回転中のドリルを横移動できる装置にしました。
 ドリルの先が思わぬ方向に逃げようとしたとき、エイヤッと力を込めると、あら不思議、ドリル先が方向を変えるのです。こうして開けた穴を光にかざして見ると、尾に近い穴の奥はうっすらと明るくなっているほどギリギリなのです。
 
 そして、運良くシステムを組み込むことが出来た胴体と、頭部をエポキシ接着剤で元に戻します。これは本社での行程になります。斜めカットなのは接着面積を確保するためです。(ラスト一年間は機械で成形したものがあり、そのカット面は垂直です。)
 木を分断してあると、強度的に不安になりますが、実験をしてみるとメリットのほうが多いのです。
 木は木目に沿って微細な穴がたくさん開いていますから、ルアー前後の間に一枚の防水壁がないと、使用時の僅かな亀裂から水分が浸入して、移動鉄球が早めに錆びてしまうのです。
 他に錆び対策としては、穴開け後に135サイズで100本あたり、アロンアルファ20CCを注入してあり、乾いた後、再度穴をドリルで磨いていました。 今だから笑えるのですが、水分と反応して硬化するタイプのアロンを大量に使うと、その白いガスで飛んでいるハエさえ落ちてくるほど強烈な刺激臭があります。誰もがやりたがらない作業でした。
 
 初稼働から二十四年。埃を被ってからは六年経った装置…。邪魔なのに未だ片付ける気にならないのは、時々昔の自分に会えるからです。歳と時間を経て、全てが向上したわけではないのです。どう見ても衰え、失いかけていることもあります。そういうことを他人は教えてくれません。だから昔の自分に今の自分を見張らせて、ときに叱って貰っているというわけです。
 
 また何処かのメーカーがウッドのハンドメイドで重心移動ミノーを作ることはあるのでしょうか?ざっと見回すと当分は無いような気がします。まともな物を作ろうとすると高コスト、非効率、反量産性の塊だからです。
 
 それどころか、ウッドハンドメイド全般、高効率と品質の安定を目指しているせいか、旋盤で加工できる形、つまり材料を回転させて削れ、成形ができ、机の丸い足の一部のような形のものが増えているようにも見えます。
 ヘタをするとK2F一本組み上げるよりも速く成形できそうなハンドメイドもあります。
 ウッドハンドメイドには、それにしか出来ないことがあるはずです。
 私はつい作り手のほうから見てしまうので塗りの美しさだけではなく、もっと手が掛かっているようなハンドメイドを見てみたいと思っています。 

「手作り穴開け道具」への12件の返信

  1. AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)
     31さん、初めまして。BKLM115EXのご購入、ありがとうございます。
     現在このルアーには純正でST46の2番が付いています。元々ブルーオーシャン系はラインの太さやフックの重さの違いには対応しやすいルアーです。純正を基準に少々換えても大丈夫です。
     ちなみに軽くすればスローでもキビキビ動き、深度を上げやすくなり、重くするときは主に大きな対象魚や取り込みに無理をするかもしれないときです。
     純正から順に少しづつ強さ、重さをあげるには、がまかつさんのRB-MHー2があり、オーナーさんのST56はさらに少し重くなります。これ以上は特殊でお勧めはできまません。

  2. AGENT: Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_0_4 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.1 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11B554a Safari/9537.53
    初めまして。よろしくお願いします。
    先日bklm115EXを購入したのですが、フック、リングのサイズは二宮さんなら何番をつけますか⁇また、何番が1番二宮さんがイメージしたルアーの動きになりますでしょうか⁇
    唐突な質問で申し訳ありませんがよろしくお願いします。
    最後にいつも最高なルアー達をありがとうございます。

  3. AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)
     いっしーさん、ウッドK-TENのご購入ありがとうございます。
     二つとも廃番になってからかなり経ちますが、きっと活躍してくれるものと願っています。

  4. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322)
    こんばんわ~
    本日、MKF135とKLM140を購入させてもらいました。
    作品の仕上がりは素晴らしいので、飾っておきたいんですけど、どうしても使ってシーバスを掛けたい衝動に駆られてるので、ガンガンつかわさせてもらいます。
    これからも素敵なプラグをドンドン出してください。

  5. AGENT: Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.3; ja-jp; IS11CA Build/01.14.50) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
    返信ありがとうございます。
    2タイプあったのですね!僕の持っているほうは恐らく前期のようです。早速5番リングと56の2番を取り付けました。
    次の休日に投げるのが楽しみです。今年はこのルアーで1匹釣りたいです(^_^)

  6. AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/5.0)
    daiさん、お待たせしました。お答えします。
    廃番になってからかなりの年月になるルアーをご愛用いただき、ありがとうございます。
    当時の純正だとフランス製VMCフックで、重量約1,7グラムです。手に入りやすいSTでその近辺のものを捜すと、46の1番が近く、56の2番も使えます。フック重量1、4~1、7グラムなら大丈夫です。
    リングは5番になりますが、強度より装着しやすい大きさのものでないと、ルアーを痛めることになります。
    K-TENスライディングポッパーは前期と後期で太目の汎用ヒートンから細目の自製ワイヤーヒートンに変わっています。太いようなら小さなスプリットリングだと取り付けが困難です。
    よろしくお願いします。

  7. AGENT: Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.3; ja-jp; IS11CA Build/01.14.50) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
    初めまして。
    K-TENスライディングポッパーのスプリットリング、フックサイズは何番が適正でしょうか?タックルハウスさんのHPに載っていなかったので、こちらで質問させて頂きました。
    お忙しいと思いますが、教えて頂けると助かります。よろしくお願い致します。

  8. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.1)
     こんどーさん、はじめまして。といっても、ルアーを介したおつきあいは、とんでもなく長いですね。
     いただいたコメントを読み、私も記憶を辿ってみました。
    もちろん、K-TENに関してのところは鮮明に憶えていますが、ルアーデザインの募集……の頃は、私は社に在籍する寸前でした。
     そこで社長に確認したところ、たしかにその様なことがあったということです。おかげさまで、昔話に花が咲きました。
     本当に長い間、弊社ルアーのご愛用、ありがとうございます。
    これからも愛着の湧くルアーを作っていきますので、よろしくお願いします。

  9. AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_6_8; ja-jp) AppleWebKit/533.21.1 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.5 Safari/533.21.1
    初めまして。なつかしくなって書きこんでみました。
    K-TENウッドが廃盤になってもう6年ですね。
    初めてK-TENにであったのは、Angling誌に掲載されたK-TENのテスト記事でした。
    今でも無骨なテスト用のK-TENの画像が脳裏にこびりついています。
    それよりも前、ルアーデザインを募集されたこともありましたよね。
    実は当時小学生だったのですが、応募させていただきました。
    フラットフィッシュに動きが似ているけど、この形では製品としてリリースできない旨の返信とともにフラッピーを頂いたのを覚えています。
    当時も今もバスをやっているですが、タックルボックスには今も大事に貯金して買った当時のK-TENと初めてプラスチック化されたグリーングラスをいれています。
    実はそれ以外にもCHAMKやJERKY、チビリコ、廉価版ツインクル(パール系のカラーでだされてましたよね)ももったいなくて使えないながらも、タックルボックスに眠っています。
    次回釣行のときにK-TENやCHAMKを連れていってあげようかな。
    当時の思い出とと共に。
    長文乱文失礼いたしました。

  10. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; GTB6.6; .NET CLR 1.1.4322; YJSG3)
    nino様
     大変良く理解しました。
     しかし・・・ぬか喜びの復刻ガセネタでした。嗚呼。
     ご返信有り難うございました。
     また間違って見つかることをほのかに期待しています(大笑)

  11. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.6)
    リプルポッパー使いのpopqueenさん、そして全国のKRPファンの皆さん、まずこのHPからお知らせできなかったこと、申し訳なく思います。
    実は、ある日、会社の倉庫を整理中、偶然穴開け加工済みのKRP木工ボディが見つかったことから始まりました。(管理に問題あり?)
    それを要望もあったことから製作することになったのです。
    予定外なことと、少数であったため、営業担当分で無くなったようです。
    ご理解をお願いします。

  12. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; YTB730; GTB6.6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; YJSG3)
    nino様
     貴殿ブログいつも楽しみに見ております。
     先日、山口大島の某釣具店にて、KRP140の店頭在庫を観ました。
     『うへ!何でこんなところに?』
     と思い、店員に声をかけましたら、
     『最近復刻して、その売れ残りがこの二本!』
     とのことでした。
     確かにフックはカルティバが使用されており、パッケージもツルツルの綺麗な状態。(総じてオリジナルのパッケージは色あせてどこかが割れている。)
     復刻であることを確認できました。
     一瞬喜んだのですが、本ブログやTackleHouseHPでのアナウンスはないはず・・・・なぜ?
     また飲んじゃっているので僭越無礼お許し下さい。
     popqueen
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です