新作の前に

9月に発売を予定している新作の前に、マグネット式全自動重心移動システムルアーに関してのウンチクをひとつ書きます。

発売から数十年経ているわりに、気付いている方は少なく話しても実際に見るまで信じてくれなかったことです。

 

それはフローティングのK-TENを静水にソッと浮かべると・・・30秒~120秒で頭か尾のどちらかが北を向き、方位磁石となることです。

今一つイメージが沸かないのは内蔵する小さな磁石に本体を動かすほどの力があるとは思えないからでしょう。

釣りに直接は関係のない事ですが、私には何となく健気な感じがして気に入っていた性質です。

 

しかし、製造上の都合でいちいち磁力の方向を指定するわけにもいかず、南北どちらかというアバウトなところが不満でした。

 

それが、ついに9月の新作に内蔵するRMシステムによって必ず正確に南を向くという念願の性質を手にいれました。

 

それで、何か役に立つの?という声にお応えして・・・

万一海上で遭難漂流したとき、とか。お風呂等で完全防水の方位磁石として、とか。あるいは一分ほどルアーを眺めていると、地球を感じることができる、かもしれません。

ご期待ください。

K2F LTD COLOR 発売

定番カラーに少ないクリア系が欲しいというご要望があり、急遽限定ながら発売することになりました。

K2F142、K2F142T2、K2F122、K2F122MSに各4色です。

●ラテラルプルー

●ラテラルレッド

●ラテラルチャート

●ラテラルクリア

ラテラル・ラインは側線を意味します。

本日から発送を始めているので、よろしくお願いします。

新年

あけましておめでとうございます。

昨年はおかげさまで大変充実した年になりました。元号が変わる今年も、新しいことを受け入れつつ、古き良きものも守ってゆきたいと思っています。

また秋にひとつ新作を予定しています。どうぞ期待していて下さい。

今年も良い思い出ができますように。

 

 

 

 

K2F142 WL 発売開始

K2F142 WL は全国の取り扱い店様にて発売中です。

 

これでK2F142に3種のリップを付けたことになります。泳層の違いによる使い勝手はご想像の通りだとしても、本当の目的はテンションの調整によって皆さんの使用状況に或る事をアジャストさせるためです。

 

或る事? それは142の持つ性質、引き心地が異様に軽い等に係ることで、リトリーブすると少し注意すればラインを通じて海そのものから様々な変化を感じる取ることができるということです。潮の流れ、川の流れ、海水密度、さらしの切れ目、払い出し、澱み、圧力といったことが、まるで糸電話のように鮮やかに手元に伝わってきます。ラインをピーンと張らせるばかりでは微妙なテンションの違いが分かりにくいので、精緻なルアー本体設計を元に調整をした結果、3種目のリップが必要と考えました。

 

皆さんの使用状況や癖でスイートスポット(情報伝達感度強)は異なるようです。それにアジャストさせるための3種であり、様々な状況下できっと一番感度が強く、海水、淡水の状態変化が分かりやすいリップがあるはずです。

 

慣れて練度が上がってくると、釣れるときはこのような場合なのか!とルアーが教えてくれるようになります。適当に投げたら釣れちゃった、というよりも予告を察知し期待できる数秒が加わることから、はるかに強い別種の興奮や快感を味わえることでしょう。それはルアーフィッシングの深みに気付くことでもあります。ぜひ体感してみてください。

スペック等詳細は、こちら(タックルハウス K2F商品ページ

K2F142 WL T2.2 発売予定

お待たせしました。K2F142WLは今月中旬より発売の予定です。

WLは先行しているK2F142 2種に比べて潜行深度が浅め(0~80cm程度)となっています。海水タダ巻きで40~50cm程。いったん浮かせて、表層トロ引きすれば尾で波紋を出すことができます。

 

かつてこの特殊なリップ形状をTKF130フォースに採用したときは、見掛けから賛否両論でしたがこの頃では一つの形式として定着した感があります。望むアクションや機能を得ようとしてリップ角度を立てたいとき、普通にリップを下に伸ばすと偏った抵抗で飛距離が大幅にダウンしてしまいます。それが、リップ面積が同じでも、WLにすることでその悪影響を抑え込むことができるのです。

 

初回限定カラーは3種。フック無しで若干お安く販売させていただきます。ノーマルはいつものカラーリングです。

☆MN1  モーニングゴースト

☆MN2 デイライトゴースト

☆MN3 イブニングゴースト

この3種はカラーだけでなくノーマルとはRユニットの材質を変えてあり、ごくわずかに重くなっています。

一見派手なカラーリングですが、実はピンクは朝の色、ブルーは空、オレンジは夕刻の色なので、魚にとっては見慣れた安心の色になります。それにボディと同型で小さめの反射シートを貼りました。

安心の環境カラーに包まれて輪郭のボケた半透明のボディシルエットが海中に漂い、キラリと小さめな光を反射する、そんなイメージです。

 

予告 K2F142発売10周年記念モデル WL(ワイドリップ)

K2F142を発売してから10年が経ちました。

おかげさまで今も数々の釣りのシーンでお役に立てているようです。熱いご支持に感謝いたします。

そこで記念として以前よりリクエストのありましたワイドリップタイプを追加することになりました。

詳細は後日になりますが、9月中の発売を予定しています。

 

リップ型紙 MKF135(ウッド製廃番)

長年K-TENをご愛用頂いている方から、ウッド製のMKF135(廃番)のリップをご自分で修理したいとのご希望がありました。

そこで、ここに型紙を載せてお手伝いさせていただきます。MKF135リップ型紙

 

 

MKF135は三十数年前に初の海用K-TENとして発売しました。当時から磯、サーフを問わず使い勝手の良いルアーでしたが、リップが岩等に当たるとたまに折れてしまうことがありました。ここが悩みどころで、これ以上リップを丈夫にすると、衝撃が加わったときリップが無事でも肝心の本体頭部が修復不可能なほどに破損してしまう場合があるのです。

 

お勧めなのはポリカーボネイトの厚さ2ミリの板になります。規格品なので入手しやすいと思います。取り付ける前にウッドの補強と水の侵入対策のために瞬間接着剤を凹部に浸み込ませておくと良いでしょう。そしてできれば本接着にはエポキシ系のほうが衝撃強度が強くなります。

修復後の調整の参考にはこちらをご覧ください。

 

よろしくお願いします。

ブログソフトの変更

開設初期から使用してきたブログソフトを変更しました。
主にスマートフォンでの表示を改善するためです。

しばらくは変更による不具合が出るかもしれません。現在、旧ページの表示を少しずつですが確認しているところです。今後もよろしくお願いします。

K-TEN30th記念ポスター締め切りについて。

現在オフィシャルWEBショップに掲載中の「K-TEN30th記念ポスター」ですが、
来週の2/20(火) 17時に、WEBでの受注を締め切らせていただきます。

WEB販売、再生産の予定は未定となっておりますので、よろしくお願い致します。

既にご購入のユーザー様から、「入金案内メールが届かない」「商品の発送はいつですか?」とのお問合せを何件か頂いておりますが、
入金案内メールは、受注締め切りの2/20以降2~3日中にお送りいたします。
入金を確認できた方へのポスターの発送は3/1以降数日中に開始できる予定です。
※ご注文時、備考欄に「サイン希望」と書かれた方は、3月下旬頃の発送予定とさせて頂きます。

記念ポスター再販について。

「K-TEN30th記念ポスター」はこの週明けには完売してしまい、お届けできなかった方が多く、急遽追加で増刷することになりました。

2/6の午前10時より再度受注を開始いたします。
恐れ入りますが、発送時期は3月1日以降とさせて頂きます。

また、発送方法の見直しにより、1度に購入できる枚数は1枚までに変更させて頂きます。
予めご了承ください。

追記
私のサイン入りをご希望の方はWEBショップの「その他のお問合せ」欄にサイン入り希望と書き込みください。
発送は通常配送より遅れてしまう場合があるかもしれません。その点もよろしくお願いします。