TACKLEHOUSE

Tsuno

<ツノ>
img_modal

実釣記事・レビュー等

すでに古墳時代後期には、獣の角や貝殻、クジラの骨などの自然素材を用い、現在の弓角の原型とも言える疑似針により、漁がされていたと考えられています。近年では合成樹脂を中心に疑似餌の命とも言える光、色を自由に表現できるようになりました。

これまでのジグは、金属の本体に樹脂を重ね、アルミなどのシートを貼り、コーティング、その上に彩色し、さらにコーティングを施して完成します。かなり丈夫な表面が完成しますが、時に海底にあたり、また魚の歯の傷で、本来の色がなくなってきます。

弓角の素材自体がもつ色、輝きをジグと組み合わせることで、今までにない光を放ち、さらに例え傷が入ってもその光を失わないジグ、それがTsunoなのです。片面が鉛で片面が樹脂ということでアクションも独特。ジャークの後は鉛の面を下にユラユラとフォールしたのちに、テールから水底に向かいます。この動きと、弓角素材独特の魅惑的な光と色が、新たなジギングの世界を作り上げます。

Model Type Length Weight Max Depth Hook Ring Price  
*長さはブランクのみ(コーティングは含みません)
2015NEW!Tsuno150 Jig 169mm 150g -- 別売 別売 ¥2,850 JAN
2015NEW!Tsuno190 Jig 179mm 190g -- 別売 別売 ¥3,000 JAN

カラーチャート

1.ブルー

img_modal

2.ピンク

img_modal

3.チャート

img_modal

4.レインボーパール

img_modal

How to use

基本は通常のジグと同様。様々なシチュエーションで活躍します。異なる素材の組み合わせによる様々な対比をお楽しみください。

tsuno_fall

ファーストとスロー

速いジャークの連続では、その合間にキビキビと派手にフラッシング。 スローなジャークでは、静止時にはっきりとしたクワせの間を演出。

プラスチックとメタル

片面に、現在の弓角と同じ浮力の高い樹脂素材を大きな面積で使用。 多少の傷でも失われない輝きも魅力です。 ジャーク後は、金属オンリーのジグとは異なる魅惑的なヒラヒラフォール。

小魚と甲殻類

泳ぐスピードの速い青物には、逃げ惑う小魚を意識した輝きで大きくアピール。
ボトム付近では、甲殻類を意識したリフト&個性溢れるフォールで底物にも効果抜群。

テンションとラインスラック

テンションをかけ大きく加速させるジャークでは、魅惑的な輝きでアピール。ラインスラックを意識すると、コントロールしやすいスライドアクション。

tsuno_slide
当サイトはリンクフリーです。ロゴ画像が必要な際はこちらをご使用下さい。 rogo

Copyright (C) 2000-2017 TACKLEHOUSE Co., LTD. All Rights Reserved.