TACKLEHOUSE

K-TEN

飛びと泳ぎを両立した、オリジナル全自動重心移動機構「K-TENシステム」を搭載。

幾年もかけ数多くの試作を作り、初めてK-TENシステム搭載のルアーが誕生したのが、今から30年前の1987年。キャスト時には重心をテールへ、着水後リトリーブ時には重心をヘッド側に移動させ、磁石でそのウェイトを固定するという機構は、基本的に変わりません。

しかし、搭載アイテムが増える毎に、極めてシンプルなこの機構も進化を続け、ウェイトの材質、数、ウェイトルームの形状、ウェイトとウェイトルームのクリアランス等々のコントロールにより付加機能を持たせることで、単純に「飛び」だけではないミノーの数々として、現在に至ります。

bo

bo

bo

M

当サイトはリンクフリーです。ロゴ画像が必要な際はこちらをご使用下さい。 rogo

Copyright (C) 2000-2017 TACKLEHOUSE Co., LTD. All Rights Reserved.