K2F142 10年目


来年はK2F142の発売から10年目にあたります。市場に溢れるルアー群に埋もれることなく今日も在るのは皆様の変わらぬご支持のおかげです。ありがとうございます。
(写真は発表した年に生まれた関係者のお子さんシュウ君に持ってもらい、最近また成長したシュウ君本人に持ってもらったものです。)
10年前、ブログ内で開発初期から説明してきたルアーですが、あえて時期が来るまで詳細を伏せていた事があります。
それは当時一番時間を割いて辿り着いた事、サイドピークストレートシェイプという訳のわからないwデザインコンセプトのことです。

このルアーには制作にあたってとても厳しい条件を課しました。本来飛びにくい魚型で必要最低限の移動錘(水に浮くことを前提に錘を重くすればその分使えるフック、ボディ強度が下がる。)でパワーを掛ければ掛けるほどに遠くへ飛ぶこと、です。

この課題をクリアするために、ルアーに拘らず最先端の空気力学でできたとされるものを研究してみました。短い時間ですがルアーの初速はF1や新幹線を超えるわけですから。

ところが当時・・・
F1は前年のグランプリ覇者チームのデザインが新シーズンを席巻する傾向があり、結局早いドライバーの乗った車を真似していたこと。それと、空気の乱流を抑えるためにやたら細かい羽根を追加して試行錯誤していて参考にはなりませんでした。

新幹線は、ようやく格好優先の飛行機みたいなデザインから、列車特有の条件、例えばすれ違う列車間の衝撃波を考慮してきた段階で、これも発展途上と判断しました。
ここはやはり同じ空気中を飛ぶ飛行機なのかと見て回りました。空力についての進化は軍需産業の戦闘機が頭抜けていて色々考えさせられました。
前面投影面積しか思いつかなかったらしいミサイル型のF104(元自衛隊納入機。後の有名な汚職事件に絡む人物が関わる。)からの機体デザインの変遷は特に興味を引きました。

戦闘機は旅客機より製造諸条件が複雑です。飛行の安定性と旋回性。積載量増に伴うハイパワー化と軽量化、高強度化等、矛盾しているものを合一しなければならない。ここにスケールこそ違うもののルアーの飛びと泳ぎ、強度と軽量化の両立等の矛盾と通じるものがあります。

飛行機、新幹線、F1のいずれも設計初期には試作品を風洞実験しています。当時はその設備を羨ましいと思ったものですが、よくよく見てみると、一定方向から強風を吹かせるだけのものでした。これでは肝心のものが足りません。
自然は都合よく一定方向から安定した風が吹くとかありませんから、これでデザインを詰めると勘違いします。ごく最近の国産機の格好がこれの呪縛によるのかまではわかりませんが。

K2Fマニアックス
風洞実験で欲しいのは強大なパワーの風の中で気圧、温度、多方向からの突風や乱流を制御できることです。風洞の壁自体にフラップ(角度調節羽根)を付けるとかアメリカの軍需産業以外ではできないでしょう。
ルアーだけのためにこうした実験室を貸し出してはくれないでしょうから自分で考えました。w
それがオープンカーから腹に細い棒を串刺しにしたルアーを空に突き出すことでした。振動、圧力センサーはそれを持つ指になります。風のパワーは右足で調整、乱流はフロントウインドウを活用します。これにより本当の自然条件下での実験ができました。(注、相当の準備と安全に配慮してやらないと危険です。)
こうして荒ぶる風に刻まれた形ができたわけです。
飛行方向、このルアーの場合、フロントアイと尾のアイを結ぶ直線の延長になります。この線とルアーを上から見たとき一番太い部分(輪郭)とをかなり強引な手法(カッコいいとか悪いとか先入観を持たずに)で合わせます。

そうすると、ロケットやミサイルのような単純な形ではなくとも、空気を切り裂くルアーの表面を流れる空気が飛行軸線上にあるリーダーラインに沿うように整流されるのです。 我が指センサーは暴風の中フッと風が凪いだように抵抗が軽くなることを感知しました。乱流に触れても調子がいい。
これ以降、私の設計したものは、ほとんどこのデザイン方法を採用しています。最新のTKP135TTも横から見ると輪郭が畝っていますが、前部アイと尾のアイを結ぶ直線はくっきりと見えるはずです。(限定側線カラーがまさにその位置)

しかし、できなかったものもあります。K2RP122はリップルポッパーに似ていますが、この手法でデザインすると水中でも安定しすぎて動かなくなってしまうのです。飛びはある程度確保できているのでこのタイプには採用していません。

今年発表された次期航空機のコンセプトモデルの幾つかを見るとK2Fのデザイン方法は当分古びることはないと思います。高額な戦闘機は100億円、ルアーは2500円ぐらい。格安で飛行をお楽しみください。ついでに魚も釣れます。

追記、K2F142が飛ばないという方はこちら(アンケートより…飛びを中心に)を参考にしてください。よろしくお願いします。今年もあとわずか、どうか良い魚に巡り合いますように。

ヒラマサ トップで15kg

トレイルでお会いした山本さんから、嬉しいご報告をいただきました。
記念に掲載させていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
—略—
先日、プロモーショントレイルでお世話になった山本です。
TKP135TTでいい魚が釣れましたので、報告させて頂きます(^^)
島根県の磯に渡り、二宮さんから教えて頂いた「ナチュラルに」という言葉を頭の片隅に置きながら、今回も派手にポッピングさせて誘っていました(笑)
釣れない時間が続き、ふと友人と話をしていたときステイ状態に。

「ジョボッ」
振り向くとルアーは海面には無く、そこから経験したことがない引きを味わいました。
友人のサポートもあり、磯から2人で引き上げその大きさに驚愕!
120cm 15kgのヒラマサでした!
ノーマルセッティングにも関わらず針も伸びずに最後まで頑張っていました。
思えばステイしている時、潮の流れでナチュラルな状態になりヒラマサが食い付いたのかな?と考え、ナチュラルを意識することは大切だなあと感じました(笑)
思い出に残る経験をさせて頂きありがとうございました。
山本貴洋
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こちらこそありがとうございました。そしておめでとうございます。トレイルでお会いした後、こんなドラマがあったのですね!

人生初ランカー

林さんより<思い出の一匹>に投稿いただきました。
記念に掲載させていただきます。


ーー略ーー

人生初のランカー(80cm丁度)です。
今年からシーバスを狙い始めて、人生5匹目、初K-TEN(K2R112 BOURBON)による一尾です。

2017/9/9 十三湖で釣りました。
8月終りから通っていたポイントにて、一釣行一尾の割合で釣れていましたが、9月の中旬頃から釣れなくなってしまいました。
(10月中旬まで通い、ボウズを続け、だいたいのスズキが別の場所に移動したのだと結論づけました)
最近、図書館で立ち読みした魚図鑑によれば、昔から雷が多くなる10月に宍道湖のスズキは外海に出るそうで、
十三湖のそれは少し早目の訪れであったのだろうなと合点しました。(釣りが下手なのには目をつぶります)
これからは、汽水湖だけでなく、川や磯にも足を伸ばしていこうと妄想中です。
色々なK−TENシリーズのルアーで思い出の一匹に出会えますように。
そして、良き思い出をありがとう、K2R112!


初ランカー、おめでとうございます。
きっと足が震えたのではないでしょうか。K2R、しかもバーボンカラーがお役に立ててよかったです。

入魂

茨城県在住のIさんから、<思い出の一匹>に投稿いただきました。
記念に掲載させていただきます。


ーー略ーー
現在は茨城県在住、釣り歴15年、シーバス釣りを始めて4年、25歳のIと申します。
先日、一生忘れない様なメモリアルフィッシュに出会えましたのでご報告します。
対アカメ・メーターシーバス用に購入したNEW RODになんとランカーシーバスがK-TENで入魂出来ました。

連日、ロッドに入魂したくて夜勤前の夕マズメにホームの激流の瀬に釣行していたのですが、ボイルもバイトも一週間ほど無く完全に雰囲気もなし
8日目の時合いもボイル無しバイト無しで終わり、仕事に向かう為にキャストしていたランドラゴ120Fをケースに仕舞おうとしたところ、フックとリングを一番手大きくしたTKLM9/11のマットクリアチャートが目に留まりました。
なんだか投げろと言われている気がして激流と緩い流れの境目にアップクロスにキャスト
そのままリールも巻かず、下流から吹く風と川の流れに任せて流してました。
そんな流し方をしていた三投目、諦めて帰るか悩みながら月を眺めてボーッとしていたときです。
コ、コンッ………ハッΣ(・□・;)当たってた!?
遅れて合わせを入れたところ、竿がフルベンドし、竿を煽った分だけドラグが出ました。
魚も最初は微動だにしませんでしたが、遅れて異変に気付いたのか激流に乗って下流へ猛ダッシュ!
手で引っ張っても出ない様にしてた筈のドラグが止まりません!
何メーター出されたのかわからなくなるほどラインを出された後、流れの緩い場所まで走って安心したのか魚が止まりました。
そこから私は反撃に出ました。ドラグを更に締め込み魚の頭を自分に向け続ける様に必死でポンピングしリールを巻きました。しかし、相当なテンションを掛けているのにも拘らず魚がエラ洗いしません。ハクレンか鯰が掛かったったのでは?という疑念が浮かび上がりました。(ここで他に釣れるスモールマウスバスは合わせるとジャンプする)
残り20m程まで巻くと掛かった魚がエラ洗いしました。
月に照らされ、水飛沫や黒と銀の鱗、巨大な口に咥えたTKLMが鮮やかに光って居ました。
その光景が脳裏に焼き付いて離れません。
その後、タモ網に入れるのに苦労したとか、撮影出来る浅瀬に向かう途中、メーターオーバーのハクレンが見えたとか色々ありましたが震える手でピンボケした写真を何とか撮影し、魚も無事リリース出来ました。
現在、星の数程ルアーは溢れていますし、これからも色々なルアーが出てくると思いますが
K-TENシリーズはいつまでも現役でいて欲しいです。プロモーションで売れているルアーが市場に溢れてる今でも、流行りに負けない不変の良さがあるような気がします。
ーー略ーー


Iさん、お気に入りのロッドに入魂、おめでとうございます。
後でいただいた、釣り場の風景がとっても美しかったです。(場所特定に繋がるので載せません)
K-TENがお役に立てて良かったです。

TKP135 TT  限定カラーとアクションのこと

TKP135TTのアクションと限定カラーについてお問い合わせがありましたので、ここでお応えします。

まず限定カラーの塗装工程の一端をお見せします。(あまり数が作れない言い訳です。) 例としてMN2、3の小さな丸い点と細い線の極薄レーザーシートは、そのままの形を貼ることが小さく細いためできないのです。
レーザーシートを貼りたい部分は予め別の粘着シート(写真緑色、ルアー1体に2枚使う)に型を取り、丸い点と細い線を切り抜く必要があるのです。切り抜いた部分だけに後からレーザーシートが付きます。

型は粘着シートなので機械に任せるわけにもいかず、穴や線を抜くのは全て手作業になります。切り込みを入れたシートから抜きたい部分をガムテープで引き剥がすというかなり原始的な方法ですw

ちなみにコスト度外視な方法なので、準備はチーフにお願いして、実作業は工賃の発生しない私が自宅に持ち込んでやりました。

次にアクションについて映像のほうがわかりやすいということで載せてみます。

参考にしてください。
秋が深まり大スズキ相手にスローリトリーブを中心とした使い方も生きてくると思います。幸運を!

K-TEN30周年記念ルアー&Tシャツ

お待たせしました。TKP135TTは、今週末から全国の取扱店様へ発送開始です。 このユニークな機構を持ち、ポッパーとしての基本性能を追求したルアーで、新たな出会いがありますように願っています。

カラーチャート
101 パール・レッドヘッド
105 SHピンク
109 HGレインボー
111 SHイワシ
112 SHイワシ・レッドベリー
113 HGコノシロ
115 クリアHGピンクヘッド
116 マリングリーン・BFC
117 カタクチイワシ・BFC
118 トビウオ・BFC
MN1 30THクリア (反射プレートに30周年記念ロゴ)
MN2 SOKUSEN (レーザーシートを切り抜き側線に。小魚が動くとき煌くところ)
MN3 SHIRASUME (レーザーシートを切り抜き眼を模した点を。シラス追いのときに水面でパシャパシャと)
R&D1 GPピンク
R&D2 GPオレンジ

また今年はKーTENシリーズ発売30周年ということで、ささやかですが感謝を込めて記念ルアーとTシャツをご用意しました。 TKP135TTの限定カラー5種の中にひとつ、ロゴ入り反射プレートを内部に入れてみました。
Tシャツのほうは、カラー3種となります。これは主にHP通販にてこの土曜日午後から販売開始です。

よろしくお願いします。

TKP135 TT 引き波

TKP135TTは9月中旬からの発売に向けて鋭意製作中です。正式な発売日の告知の前に、このルアーが持つ変わった性質をもう一つ紹介します。

 ルアーのサイズからしてターゲットはヒラスズキ、スズキ、青物等の大型魚になります。 それぞれの釣りの現場で各人各様の釣り方を見ていると、このジャンルのルアーでまだやり残している事はないのか、気付かせてくれます。

そして高速で使う方、多様なアクションで誘う方、様々な使い方の中で特にヒラスズキ、スズキ相手のときにはスローを中心とした使い方が多いのです。
このとき、アクションとか光の反射といった要素の他に、他のルアーと明確な差が出せる要素はないのか、考えたわけです。

注目したのは引き波の出方でした。
TKP135は立ち浮きしますので、ゆっくり引くと少し頭を出して30度~50度ぐらいの角度で進みます。同じ棒状のルアーなら引き波なんて皆同じになりそうですが、ある工夫をすると、ガラリと変わるのです。

以前Mクワイエットというルアーの実験で引き波の出方で魚の反応が変わることを実感していました。Mクワイエットは引き波の大きさ自体を最小にしたものですが、今作はポッパーなのでどうしても大きな引き波になります。
そこで具体的にはルアーが引かれたとき、吃水線(浮かんだ時、水面とルアーが触れる線)となるところの背中側(後方)を平たくしたのです。こうすると、通常の断面が楕円状のルアーに比べて、弾丸の形のように後部がカットされた断面となるこのルアーは、水流が平らな背の部分で剥離しずらくなり乱流となります。そこに僅かですか振動波が発生するのです。

カップの端で水面を切る際に生じる普通の引き波の他に、引き波の中心である背中から細かく出る波は、水中に小さなスクリューでもあるかのようです。
単なる棒状のルアーが放つ引き波よりも生命感が増すので採用しました。スローリトリーブ時にきっとお役に立てると思います。

追記、今回のルアーではゴーフィッシュの武田氏にもセッティング等、色々と手伝っていただきました。初回限定カラーの中にあのド派手な武ちゃんカラーがあるのでお楽しみに。

ポッパーのカップについて(提案)

 9月発売予定のTKP135TTの頭部は、ダウンヘッドという形状を採用しています。これで初動時の水掴みとダイビング後の姿勢制御が良好になりました。
 カップの形状はカップ音やアブクの出具合はもちろん視認性にも拘ったので、カップの深さ方向の断面は単純な半球面ではありません。

 
 そして、次に書くことはある機能を発揮するカラーを施したカップのことです。(写真参考試作品。ベースを赤黄にしてあるのは視認性確認のため)
 これはほとんど直立の浮き姿勢のルアーを作るまで温めていた企画で、現物のテストをしてその効果を確信しました。

 
 カップ径25ミリぐらいの直立浮き型ルアーを比重ギリにして、カップ中心を眼のように黒っぽく塗るのです。そうしてリトリーブを止めると、猛禽類の眼と、サメの目の動きを参考にしたカップが上空に向き、ギョロッと威嚇します。
 そうすると何が起きるのか?
 鳥山、ナブラ等絶好の機会に、ルアーが鳥に襲われそうになっても、任意に追い払うことができるのです。カップの眼と眼を合わす鳥が一瞬、硬直するので笑えます。
 鳥が乱舞する中にトップ系ルアーを投入するのは、勇気がいるものです。本命がヒットする前に鳥が掛かってしまうからです。そのため、重いルアーにしたり、ナブラから投入点をズラシたりして、落ち着いて釣りができませんでした。それがある程度解消できると思います。
 
 ただしテストでは良好な結果でしたが、全ての条件で試したわけではありません。鳥の種類、天候、陽の角度、慣れの問題、ナブラ、鳥山の規模、鳥の興奮具合、眼を見せるタイミング等で効果は変わるものと思われます。その点、理解した上で使用してください。(発売時はバードリフレクションカラーとかバードフリーズカラーとかの呼称になるはずです。レギュラーカラーのマリングリーンに着色する予定です。)
 釣りへの悪影響はほとんど無く、トップで積極的にナブラを攻めることができ、何より、鳥を傷付けることが少なくなります。
 
 9月まで待てない、テストしてみたい方がおられましたら、条件の合う手持ちのポッパーにサインペンででも着色してみてください。鳥の眼がものすごく良いことを実感できると思います。

TKP135 TT 予定

お約束していた新作ルアーの名はTKP135TTになりました。私としてはジャンピングポッパー以来26年ぶりになる水受けカップを持った純ポッパーとなります。
浮き姿勢は立ち型として、ヒラスズキ、青物を見据えてセッティングしました。9月中には発売できる予定です。

いくつかの新しい工夫を施してあるので、まだ全容をお知らせできないのですが、ご期待には応えられたと自負しています。

今回はその主要な機能について説明させてください。
まず脳内シミュレーションをしていただきたいのです。いきなり魚の身になって、あるいはルアーになったつもりで、というのは無理があるので、ここは人間のままで想像してみてください。w

だいたい6キログラム~10キログラムの大きな鉄の玉をお盆の上に乗せて落ちないように持って真っ直ぐ歩いてみます。重くて辛いですが、何とか歩くことはできると思います。
ところが10キロもある鉄の玉が、お盆の上で勝手に動き回ったらどうなるでしょう?
真っ直ぐ歩くことすら困難になりバランスを取るために全身を使って耐えることになります。後ろからであれば、酩酊状態のようにも見えるでしょう。
この時、物取りとか略奪者がいれば、等速でスタスタ歩いている人より、容易いカモと映るはずです。つまり襲われやすい動きであるわけです。(シュミレーション終わり)

人間以外の多様な生物でも同様なことが起こります。こうした動きをすると、それが小魚であれば捕食者にとって格好の餌食でしょう。昔からルアーアクションは弱っている小魚や油断している小魚を演出すればよいと言われていますが、具体的に何をすればいいのかとなると難しいでしょう。

ルアー側でできることは?TKP135TTはこれを意識して作りました。
既存のRユニットもその要素はありますが回転運動ゆえ、コントロールが効き過ぎて大人しめです。今回欲しいのは錘が360度の全方向で往復運動するユニットなので、新たなシステムを考えることになりました。

名付けてRMシステム。
ほとんど音を発することなく、勝手にスムーズに鉄球が往復運動するユニットを作り、それとKーTENシステムとを合体させました。普通の形状の磁石ではこうならないので、磁石の形自体を変えて、磁力の強さや方向を集中させることによって実現しました。また可能性がひとつ拡がったと思います。
長くなるので今回はこれぐらいにして、次回記事ではポッパーとしての他の機能をお知らせしたいと思います。
楽しいルアーなので期待していてください。

6回目でついに念願のヒラスズキ

森様より、歓喜の報告です。記念に掲載させていただきます。
以下、原文です。


アカメを釣りたくて高知県に通ったことで多くの方と出会いました。
皆さん色んな釣りをしており、色んな話を聞くなかで磯のヒラスズキに凄く興味が出ました。
去年の年末から和歌山県へ行く回数が増えました。
最初は紀伊半島ならサラシに投げれば釣れるだろうと考えましたが、アタリはありませんでした。
周りは釣れているのに僕だけ坊主の時もあって悔しかったです。

そんな悔しい気持ちがあり毎年GWは高知県へ行ってましたが、今年は何が何でも和歌山の磯ヒラが釣りたくて南紀にしました。
今回で6回目、片道400キロあるんでだいぶ走行距離が増えました。
今回は僕にアドバイスをしていだだける先輩達と釣りをしました。
ある地磯でTKLMがいいところ通せているなあと思った瞬間、水面からルアーが消えヒラスズキが食いました。
マスタープラッガはよく曲がりましたが、バッドは強いなというのはよくわかりました。
最初サイズがわかりませんでしたが、ヒラスズキがエラ洗いをした瞬間に一人では無理だと思い先輩を呼びました。
先輩達のおかげでランディングできました。目の前にずっと釣りたかったヒラスズキがいる。しかもデカイ!太い。デカすぎてスズキじゃなく他の魚に見えました。測ったら86センチ、6.5キロでした。初めての磯ヒラがランカーという出来過ぎな結果になりました。
釣り上げてから震えが止まらず先輩達がフックを外すという状態になりました。
写真撮影した後、元気に泳いで行きました。

一人では絶対ヒラスズキを釣ることはできなかったと思います。本当に多くの方からアドバイスをいただきました。ありがとうございました、感謝しかありません。
今回のヒラスズキを釣ったTKLMは記念に飾ることにしました。
TKLMとマスタープラッガーの最強コンビで今後も楽しい磯ヒラゲームをしていきたいです。
釣行日 5月上旬
エリア 和歌山県南紀
タックル
ロッド マスタープラッガー13T
リール バイオマスターSW5000XG
ライン ドンペペ2号リーダー ナイロン35ポンド
ルアー TKLM12/18SHレッドヘッド
岐阜県高山市 森貴宏
以上


森様、おめでとうございます。TKLMがお役に立てて良かったです。
身体が震えるほどの興奮は滅多に無いことで、文字から歓びが直に伝わってきました。
ありがとうございました。