貫通ワイヤーの今後

直メールで貫通ワイヤーについてのご意見をいただきました。了解を得たのでここで詳しく書くことにします。

私の設計したプラスチックルアーは、Mシリーズを除いて全て貫通ワイヤーを採用しています。

初期にコストの問題で8カンだった幾つかは、後年、貫通式に作り直しました。Mシリーズはコンセプトの中に、軽さ、があったので専用の横棒を挿入したアイにしてあります。

主な目的は想定外の魚が掛かったときの対応と製品強度のムラを無くすためですが、初期の雑誌記事の中で私は、自分の作ったものがゴミとなって海底に横たわるのはイヤだ、とも書いています。

もちろん、しっかり作った8カン方式のアイでも滅多に壊れることはありません。ご意見の中にも魚に壊された経験が無いし、必要ないのでは?特にBKF75にまで貫通ワイヤーというのは?価格が上がるだけでは?とあります。

 

しかし、たまにだからこそルアーが原因でせっかくのチャンスを逃したくないのです。例えば、BKF175のワイヤーは工業試験所の静荷重検査で200㎏まで耐えますが、それでさえ、しょせん金属、捻じられたり横方向に強い力が掛かり金属疲労が重なれば、20㎏ぐらいの魚に破断させられることがありました。また、ここブログ内、「思い出の一匹」にBKF90で24㎏もの魚を釣り上げた方がいます。想定外がそこそこ起きるのが海の釣りです。

それにしても75mmにまで貫通式とはオーバースペックでは? これには別の考えを追加させてください。

貫通式にこだわるのは強度だけではありません。プラスチック製(ウッド製も)のルアーはいずれ必ず劣化します。皆さんも海岸に打ち上げられたルアーを見たことがあるでしょう。中には何年も放置されてボロボロバリバリ壊れるものもあります。(原因は光、熱、水、化学変化等)

問題はこれに至る過程です。劣化していつ壊れて魚に逃げられるのか不安なとき、8カンに比べて貫通ワイヤー方式のものは最後まで実用に耐えるわけです。ルアーは壊れたらゴミとなります。嬉しい例外は、それまでに思い出を伴なえば飾ったり記念に保管されたり価値のレベルアップがあります。

そして釣りそのものが消耗品が多く、ゴミを発生させやすい趣味でもあります。これを自覚したとき、BKF140からですが、できるだけ長く使えるものを作ろうと誓いました。山屋出身のせいもあり、自然の中に自分の痕跡を残すということに痛みを伴うのです。

あのとき、コスト的な意見に押されていたら、30数年前のルアーが今も安心して使える状態ではなかったでしょう。K2Fを手掛ける前、あるユーザーから、もうルアーは押し入れに一杯あって一生買わずに済むと言われたとき、私の考え方だと、ルアーで儲けるなんて無理だとサトリました。

デメリット

貫通方式、特にフローティングでは、元々単なる飛距離や泳ぎの振動数には不利な方法なのです。何故なら限られた浮力の中で、ワイヤーを挟み囲む樹脂の重さ、ワイヤーそのものの重さ、丈夫に作ろうとする肉厚の重さが前提とされていて、重心移動できる錘は8カン方式に比較してかなり軽くなってしまうからです。

ボディを薄くして移動システム以外の構成物を減らし、移動錘に重量を集中させるほど、飛びや泳ぎの向上を図りやすくなります。しかし、私は重心移動を最初に提案したものとして責任があります。K2F142で強度を落とさず、錘を軽くしても飛ばす方法があることを証明した後は、これ以上の飛距離競争には参加するつもりはないのでご理解ください。

今後

コロナ渦が落ち着いてくれば、またエコとか、マイクロプラスチックの話題が再燃するでしょう。そう遠くないうちにルアーも問題視されると思います。環境問題は世の中全体のあらゆることが絡み合っていますから事は複雑です。リサイクルやレジ袋のこと、何が本当に環境に優しいのか、調べれば調べるほどに疑問が湧くことでしょう。調査がエントロピー関連までいけば見えてくるものもあります。

ひとつはっきりしていることは、物を長く使うこと、これに尽きるのですが、これには経済活動している多くの人が気に食わないはずです。大量消費しないので儲かりませんから。それよりも耳障りがよいのでレジ袋の何十倍もの水をつかって紙袋にしたり、何倍ものコストをかけてリサイクルしたり、製品代の何倍もの運送費を払って補助金を貰うほうを選ぶわけです。生分解の素材でも耐久性からすると使用先は限られます。

 

貫通ワイヤーは寿命を迎える最後まで長く使い続けるための私なりの現実的な答えです。

20年ぶりにBKF150の制作依頼を即答で受けたのも、もっと飛ばせとか、もっと安くとかではなく、魚に壊されると聞いたからでした。今度のTKLM140Gも最近作った新型ルアーの中では不利を承知で一番肉厚にしました。ガウス加速器で何とかしようと思っています。

自分の考えを追い続けることは、人に強要をしないでも異なる立場の人から見ればワガママと映るのでしょう。それでもめげずに30年以上貫通ワイヤーを続けてきました。もうしばらくの間、このまま行かせて下さい。よろしくお願いします。

 

写真下は、ウッド製とABS製(上から1番目、2番目)を15年以上庭に放置しておいたものです。ウッドコーティングは剥げ、ABSに陽に当たったところは白濁して脆くなっています。おそらく魚を掛けたら一発で割れるでしょう。でもワイヤーは健在です。まだ思い出を作る力は残っています。

 

「貫通ワイヤーの今後」への13件のフィードバック

  1. 二宮さんの考えに共感します。
    私の15年前に初めて買ったルアーが中古のBKF140で、今でもヒラスズキで現役です。当然ながら、磯での使用において貫通ワイヤーは非常に安心感があります。
    過去にBKF90で川でシーバスをやっていてミスキャストで橋脚や壁に強くぶつけてしまいましたが、貫通ワイヤーの安心感があったのでそのまま使い続けて80UPのシーバスを釣りました。ルアーを変えていたら釣れなかった魚かもしれません。

    私は二宮さんのルアーは消耗品とは思っていません。長く使える価値があるからこそ、大切に大切に使いたいと思わせてくれる作品です。

    • フリッツさん、初めて買ったルアーが未だ現役とは素晴らしいです。初めての頃は、ルアーのロストが多いものですから。
      BKF90での出来事はまさに貫通式の面目躍如といったありがたいご報告です。
      この先も期待に応えられるように気合を入れてルアーを作っていきますのでよろしくお願いします。

  2. 私も古いルアーだと20年はたっているかな、でもまだまだ現役で使っています。

    私なりには信頼できる良いものだと思い使い続けますが

    • 郡山被宏さん、コメントをありがとうございます。
      ルアーは傷付いてもそれが勲章になるかもしれない稀な製品だと思います。
      20年物ルアーにも思い出が紡がれますように・・・

      • 返信ありがとうございます。

        自分の中で最も使いやすいのがBlueoceanシリーズだったんで長年愛用させていただいてます。

  3. 「リップレスミノーの経緯」にワイヤー貫通を断念したとの記述がある一方、私の知る限りBKLMは貫通式としか思えないので「なんでかな?」と思ってましたが、そういう訳でしたか(納得)。家電メーカーのこととか考えると、まず壊れない「消耗品」を売るのは、ビジネスとしては如何なものかと思いますが(笑)。

    • バンクマンさん、いつもありがとうございます。
      壊れにくい消耗品wを作るにあたって、自分もビジネス界という生態系の一員であると思うようにしています。その中でささやかな抵抗かもしれませんが、先を見つめて頑張ればルアーという消耗品にも何かが宿ると信じてます。

      • バンクマンさん、「リップレスミノーの経緯」に一文加えました。記事の不備に気付きませんでした。ありがとうです。これからもよろしくお願いします。

        • 丁寧なご対応、多謝であります。
          尚、小生はK-Tenを消耗品だと思ったことは一度もありませんが、カラーをフルコンプして化粧ケースに収納しておくようなものではないと作り手ご自身がお考えかと思いますのて、消耗品の如く使い倒しています。週末もTKRPで数本獲りましたが、真昼間に派手色のただ流しを本気食いしていました。引き続きお世話になります。

  4. 以前のK-tenルアーは一部を除き、シンキング仕様であっても針がない状態だとフローティングになる…と言う記事に共通することですね。
    自然には痕跡を残さず、思い出だけには残す…そんな姿勢が感じられるのでK-tenが好きです。

    • ndlsさん、大昔の記事まで憶えていてくれて、ありがとうございます。
      初志の貫徹はときどき昔の自分に𠮟って貰うことで続いているような気がします。
      ユーミンの「卒業写真」を思い出しましたw

  5. ルアーに限らず、人が作ったもの全てが誰かのワガママで作られてると思ってます。
    作る側と使う側のワガママが一致すれば欲しくなりますね。
    二宮さんのワガママを応援してます。

    • 泉将仁さん、優しい応援に感謝します。
      どうも難題を前にするとつい挑戦したくなるみたいです。歳を重ねていけば落ち着くはずだったのですが・・・w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です