BKRP140 R3 リップルポッパー 発売予定

 リファインしたR3リップルポッパーは今週末にはご注文いただいたショップ様の店頭に並ぶ予定です。
 今回は塗装で覆われて見えない重心移動システム内のボールの動きを映像にしてみました。現場の水上ではもっと大きくブレます。

 発売記念限定のK-TENロゴを吹き付けたベースクリアもあります。

「BKRP140 R3 リップルポッパー 発売予定」への4件の返信

  1. AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
    ビギナーさん、BKS90のご購入、ありがとうございます。
    一般にシンキングミノーと言われているものの中でも、水に比重が近くサスペンドと言ってもよいぐらいのものから、極端に重くてジグ並みに沈んでゆくものまであります。
    BKS90はリトリーブスピードとライン角度で泳層のコントロールはしやすいほうですが、それでもスローだとライン角度によっては沈んでゆくと思います。
    上方向へ引く力と、沈もうとする力が拮抗したところが泳層となります。
    今回の場合は、スローシンキングタイプか、BKSP90サスペンドのほうが使いやすいところなのかもしれません。
    たまに根掛かりの心配の無い、澄んだ水の所でライン角度とリトリーブスピードの変化で、それぞれのルアーがどのように泳層が変わるのか、または維持できるのか、確認してみることをお勧めします。 

  2. AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Iron/33.0.1800.0 Chrome/33.0.1800.0 Safari/537.36
    BKFについて質問があります。
    BKS90のシンキングを購入したのですがシンキングミノーはリトリーブ中に沈んでいくことはあるのでしょうか?シンキングミノーのスローリトリーブをしたくてもレンジがどんどん下がっているように感じて集中できません。これは全てのシンキングミノーついていえることかもしれませんが二宮さんの知識にはとても信頼があるので二宮さんに質問することにしました。

  3. AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
    九十九里クレイジーアングラー さん、お答えします。
    R3のボディの彫り込みを斜めにしたのは、二つ理由があります。
    一つはK2シリーズで実績があった方法を採用するにあたって、単純に旧型と見分けやすいように。
    もう一つは、彫り込みを斜めにすると、鱗っぽくなるので、K2ではあえて無機的、機械的な感じにしたかったことがあります。
    ただ普通のルアーに比べて両方とも極端に細かい彫り込みなので、ほどよいヌメリ感はあると思います。
    R3をよろしくお願いします。

  4. AGENT: Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_0 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12A365 Safari/600.1.4
    一つ質問させてください。
    今回の店頭に置かれたR3のルアーを見た瞬間「ホロが変わっている!」と思いました。しかし実際にはK2シリーズの様なボディー表面への彫刻がされていました。塗装の強度アップ等は過去の記事で知っていますが、今回気になったのはその角度です。他のシリーズは水平、垂直に走っていますが、今回は何故斜めにしたのでしょうか?そこがとても気になったので今回質問させて頂きました。宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です