質問…ルアーの原理と作り方等

 お待たせしました。愛知県のIさんからの質問です。
 
 長文の丁寧なご質問の内容を抜粋、要約させていただくと、自分の希望する動きをするルアーを作りたい。ルアーはどうゆう理論に基づいて泳いでいるのか?ウォブリングとローリングの制御のヒントを教えて。ということになります。
 既に二冊のハンドメイドの教本をお持ちで、ネットでも調べたが良く解らなかったとのこと。
 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
 お答えします。
 私達作り手はルアー製作を始めたとき、先達の作品を参考にさせて貰いました。そこから試行を繰り返すことで、多くの事を学びました。現在では、市場に溢れるほどルアーがあり、これから作ってみようという方々にとって、お手本には事欠かないと思います。
 そして、ルアー好きなら誰でも経験的にこんな形ならルアーは泳ぐ、と何となくでも知っているはずです。しかし、ご質問にあるような「泳ぎの原理」となると明確な答えは難しくなります。
 
 そもそも私達が、泳いでいる、と言っている物の正体は、引くと(力を加えると)バランスを崩し、且つある程度のところで回復する往復運動、または振動している物体ということになります。
 そして、水という元々抵抗のある流体の中を移動するものは、形態次第で、また形に加えて僅かの突起(リップ等)や水受け部を設ければ、空気中より遙かに蛇行したり震えたりし易いのです。問題はその程度ということになります。
 
 従ってルアーの泳ぎが、振動または往復運動だと理解すれば、本体が軽いほど、また重心の上下位置関係でバランスの悪いものほど、加える力が少なくてすみます。つまり、リップや水受け部が小さくてすみ、低速でも動き易いということになります。
 反対に、比重が重く、重心位置が下にあると、早く強く引くとか、リップを大きくしたりして加える力を大きくしないと動きません。(ジグの動きの原理は異なります)
 
 またミノー等は、ほぼ重心近くを中心にして尾を振り、ついでに頭も振りますから、水の抵抗が減るように前後を絞った形で、さらに前後を軽くして、オモリは動きの中心点に集中させたほうが振動数が上がり、ウォブリングの要素には有利になります。
 反対に、オモリを前後に分散させると尾や頭は振り辛くなります。それは、ウォブリングの邪魔にはなりますが、ローリング系統の動きには影響は少ないです。工夫次第です。重心を上げるなりバランスを崩しやすくしてあげれば良いのです。 ただし、現実的には純粋なウォブリングやローリングといったものは無く、どちらかに偏っているだけです。双方が互いの動きのキッカケになっているので、片方を抑えすぎると動きが鈍くなります。
 ここからは具体的に、失敗しないハンドメイドルアーの作り方の一例を挙げてみましょう。
 これは始めの一体で、コピー元になります。仕上げはそれほど気にしないで大丈夫です。
 
◇1……二分割した木を両面テープで貼り合わせ、お好みの形に削る。そして、水が浸みないように簡単に仮塗装しておきます。この時点ではオモリやフックの位置はまだ決めなくて良いのです。
 
◇2……付けたいリングとフックをセットして、好みの位置に糸や針で、仮にルアーに付けます。軟質ワイヤー(あくまでコピー用実験体なので)もテープでルアーの外に貼り付けておきます。ワイヤーではなく、ヒートンを使う場合は、それを所定の位置からぶら下げておきます。
 
◇3……そのままお風呂に浮かべ、望む浮力と浮き姿勢になるように、紐でオモリをぶら下げます。(写真)その分量と前後位置は外で済ませるのです。決まったら印を付けておきます。(コーティング分の重さは塗ったときに体積も増えるので浮力には影響が少ないです。)
 
 これで本体に見合った各パーツのほぼ正確な位置と分量が決定できたわけです。後は本体の両面テープを剥がし二分して、所定の位置にオモリやワイヤーを入れ組み立てます。
 
 時間を使って見栄え良く作ってしまってから、失敗に気付くのではガッカリです。上のようにすれば、浮き過ぎや予定のフックが使えない、姿勢が悪い等のミスが無くなるので、様々な材質や形のルアーを手早く実用化できることになります。
 
 リップはこの試験体を使って、実際に引きながら、形や面積、位置や角度を、これまたアロンで仮付けしながら(取れなければ良し)好みを探っていくのです。ついでに軟質ワイヤーのラインアイを上下させてみれば、その影響を簡単に探れます。
 これだ!というものができたら、ここで初めて正式に図面を作成して、次作に備えておきます。実釣用のワイヤーには勿論堅いステン鋼線を使って下さい。
 
 リップの性質のことは、不親切かもしれませんが、ここではあえて書かないことにします。巷間に言われているように、形や角度等をこうすればウォブリングやローリングになるというのは、その傾向はありますが、その気になれば本体の性質や形次第で、全く逆なことも出来るので、決めつけずに色々試すことをお勧めします。
 その方がオリジナルでユニークなものが出来ると思います。ハンドメイドの楽しみでもあります。
 
 そして市販のルアー達も役に立てて下さい。釣りの消耗品とすれば確かに値の張るものですが、それぞれがあまたの努力や工夫の結晶ですから、ハンドメイドの参考品として考えればお得なものです。
 
 
 以上、ヒントになりましたでしょうか?現在の私の作り方はこれとは大きく離れていますが、私がルアーを作り始めたとき、これを知っていれば良かったというものを書いてみました。
 
 最後にラボ内にはルアー作りのヒントになる事例がちりばめてあります。ページ右上のサイト内検索を活用してみて下さい。例えば「質問…プラグの調整他」「流体の非科学」等、またカテゴリーから各ルアー欄を見て頂ければ参考になるはずです。
 ルアー作りは面倒な事も多いですが、情熱を持って作り続ければ、その先に必ず今までとは別種の魚と感動が待っています。頑張って下さい。 

「質問…ルアーの原理と作り方等」への7件の返信

  1. AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
     天狗ズ深瀬Yさん、お待たせしました
     リップにアイを付けるのは、その位置のほうが動きが安定する場合です。
     ルアー本体の形状や、水を受ける部分(リップ等)の面積や角度、本体からどれだけ離れているかでもアイの位置は変わります。

  2. AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
    リップにアイをつける意味とは

  3. AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)
     hetareoyajiさん、初めまして。
     ルアーにとって水漏れは常に付きまとう厄介な問題です。最終段階で丸ごとドブ漬けしても漏れる場合もあります。
     バルサ材を使うとき、初心者にありがちな間違いはアイやリップを保持する部分の材質強度を考えていないことです。
     バルサであってもコーティングすればいかにも丈夫そうですが、加工しやすい素材は柔らかいので魚を掛けないまでもフックの取り付け時やラインを結ぶときの力だけでも隙間やピンホールが開く場合があります。素材に弾力性があるので元に戻って見えないだけです。
     私だったらリップの取り付け部とアイ回りだけでも{セルロース等のコーティング以前に、リップの取り付け前に}瞬間接着剤を染み込ませてそこだけでも材質強度を上げておきます。それは水漏れ予防にもなります。後処理で補強や目止めするのは見掛けも悪くなり、水漏れの原因を解消できないことが多々あるのです。
     ルアーを美しく、強くするコツは、全ての工程の前段階でどこまでできるかだと思います。参考にしてください。

  4. AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; rv:21.0) Gecko/20100101 Firefox/21.0
    始めまして、バルサミノー制作を始めて半年の者です。
    先日釣行を終えたミノーを修復しようとしたところ、サイドから押してみるとブヨブヨになってる野に気付きました。
    重さも0.5gほど増えてました。まちがいなく水を吸ってると思われます。
    アイの3か所とリップしかないでしょうが、このような事例はあったりしますか?
    セルロースのみの制作で、リップ取り付けには瞬間接着剤で留めてからエポキシでリップの取り付け周辺を補強するような感じで付けてます。
    どうにか改善したいのですが、どこが悪いのか検討がつきません。
    思い当たる事例があれば教えて頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

  5. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    中に組み込むワイヤーだとは気が付きませんでした。
    分かりました。
    ありがとうございました。

  6. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6)
     Iさんのご質問について。
     例えばフローティングルアーでは、ほんの数グラムの違いで浮いたり沈んだりします。だから、後で組み込むはずのワイヤーも仮付けしておかないと、重量誤差が出てしまいます。
     浮力は内部パーツが外であろうと内であろうと、ほとんど変わりないので、組み立て前に、手軽に調整できる外で重量合わせが出来る方法を紹介しました。
     ワイヤーが軟質(普通のステン線)である理由は、ラインアイの上下方向の調整がし易いからです。実験用はこれにして、本製作にはステン鋼線を使います。(硬質で反発力があり、曲げにくい)

  7. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    愛知県のIです。
    分かりやすい回答をしていただきありがとうございます。
    二宮さんのご意見を参考にルアーを作ってみたいと思います。
    ところで、ハンドメイドルアーの作り方の一例の中のことで質問があります。軟質ワイヤーをルアーの外にテープで貼り付けるとありますがこれは何をするためのものですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です