百円ライター

 先日、若手から「これ何ですか?」と自室の傍らにあった、フックと太いラインの妙な仕掛けのことを聞かれました。私、「それ、何でもルアーにする奴」A君、「?」時間が無かったので説明不足だったようです。
 
 これ(写真)確か20年近く前に、シイラの講習会で使ったものです。
 その頃、まだ発展途上にあったソルトルアー業界の中堅メーカー数社の協力により、毎夏、紀州のヤマハリゾートでシイラ釣り大会をやっていました。
 参加者を全国から募集し、リゾートらしい食事と宿泊がセットされ、夜には講習会がありました。講師にはKさん、Hさん他先達の方々にお願いして、私もルアーの作り手として、お話させて頂きました。
 講習会といっても、当時遠くからオフショアを求めて集まる皆さんですから、聞き手もほとんどベテラン揃いでした。私もまだ三十代。回数は多くても経験年数はたいして変わりがありません。
 そこで、タクティクスではなく、ルアー論のようなことを話しました。内容は、生餌と空き缶という両極の間で、ルアーはどの位置にあるのか?またそれがルアーの有利、不利にどう繋がるのかといったことだったと思います。自分はそのド真ん中を狙っているとも言いました。
 
 その教材として使ったのが、あの仕掛けでした。これを身近にある百円ライターとか調味料の小瓶に、テープや糸で固定するだけで、即席ルアーの出来上がりです。これで海面をスプラッシュしてくれば、活性の高いシイラなら充分釣れると。希望する方に試して貰いました。
 
 けっしてシイラをバカにしているわけではありません。どんな優秀なルアーを使ったところで、使い手によって、釣る人もいれば、駄目な人もいます。また活性次第で様々な反応を見せてくれるのがシイラの素晴らしいところでもあります。シイラにおいて、その理由を実地で経験して欲しかったのです。
 それは、どのルアーが釣れるの?とか最強は?とかの質問を度々聞いていたので、ちょっと荒療治ですが、実は経験を一挙に倍増させる方法を示したつもりでした。
 状況的に、シイラは目で見て釣ることができる貴重な魚です。しかし、それ故にせっかく追ってきたシイラを見ると、親切にも喰い易いようにリールを巻く手を緩めてしまう方が多いものです。見切られたとルアーのせいにしがちです。
 
 即席瓶ルアーでは、追わせることすら気を遣い、考えなくてはなりません。しかし、これで追わせ、釣れるようになったとき、当然、まともなルアーに替えてみると、それまでより楽に釣れることになります。
 講師のKさんはさすがでした。それ貸してと一言。赤唐辛子の瓶ルアーを持って行き、さっそく釣ってきました。それを見た方は、目が覚めたと言ってくれました。
 さらにハードルを上げた190ミリリットルのコーヒー缶ルアーを欲しい人と挙手をお願いしたところ、7~8名いたので、翌年お渡ししたことを覚えています。 …
 この経緯に、ルアーメーカー側が勧めることではないのでは、という批判もありました。表面だけを聞けばルアーなんて何でもいいことになりますから。しかし、物体なら何でも良いというわけではありません。私なりに厳選していました。 
 百円ライターの比重は、一般に出回っているFプラグと、ほぼ同じです。水への絡みが良く、ガス分量で微調整もできるし、カバーはメッキ、透明部分のカラーは選び放題です。何より、小さく細身と、ほとんどルアーの要素を満たしています。
 小瓶も水で調整できるし、しかもそれは液体重心移動システムでもあります。空き缶は鉛を必要量、流し込んだりしましたが、ニンジン、ジャガイモ、ゴボウ、大根等の野菜は、いずれも元々比重がルアー向きなので、形を整えれば簡単です。 つまり水への絡み方という、ルアーの本質にも繋がることなので、それを理解して貰うために選んだ物体でした。難しいのは長さと幅が、2:1以下で軽い物、例えば茶碗やタバコの箱等です。ピンポン球も困難です。
 
 最後に誤解のないように念を押しますが、もちろんルアーを軽く見ているわけではありません。
 敗北の記憶として思い出すのですが、海外遠征中、誰もルアーを投げていないような好場所では、驚くべきことに空き缶ルアーと我がK-TENを同時に投げると、最初に追うのはより違和感のある缶のほうということがありました。最初の一撃に限ってですが、魚形のいかにも釣れそうなルアーが負けることもあるのです。
 ルアーは、まだまだ可能性に溢れています。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
写真はインパクトがあったせいか、人手に渡り、今あるのはライターで釣れたシイラだけ。
仕掛けもボロボロなので組み直しました。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
東京のTさんからホットな写真、頂きました。↓記念に。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 土曜の夜に、◇◇の河口で86cm釣れました。
K2Fのパールレインボウで始めたけれど、なぜか絶好調
のさらしホワイトで食いました。
写真送ります。
 東京内湾の河口に立ち込んでいろいろ歩いていると、
ぼらの群れがたまっているところに遭遇しました。
上げ潮で回ってきそうな感じもしたし、イナッコでは
なく、もろにぼらだったので強気になってK2Fでたらたら
流していた所、水面炸裂でヒット。
 久しぶりの堂々たる80オーバーでうれしいです。
 こんな時だから?デジカメ不携帯で、電話のカメラ
で撮影しました。かなり見苦しいけど、送ります。
 

「百円ライター」への2件の返信

  1. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB5)
    いうたったさん、◇◇は。
    そういえば、バドカン(類似品)でもシイラ講習会やったことがあります。
    状況が良いときで、ビデオに残っていました。
    シイラは本命としても、未知なる大物への練習としても、比較的身近にいて、ありがたい魚ですね。
    思い出したのですが、黒鯛の浮き釣りをしていたときに、水深を測るため、針に引っかけたナス型オモリを下ろしたら、それに食い付いてカサゴが釣れたことがあります。
    その日は、周りも含めて、餌、ルアー共惨敗。魚はその一匹だけでした。

  2. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB5; .NET CLR 1.1.4322; IEMB3; .NET CLR 2.0.50727; IEMB3)
    バスでもバドカンの形のルアーで釣れますし、
    こないだはガシラが青のビニールテープを喰ってる写真をみました。
    鉛にホースを切っただけなどで釣られてるのを見たこともあります。
    なんでもやってみないとわからんものですね。
    いまでは真鯛もルアーですから...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です